登れる灯台で360度の景観を楽しむ塩屋崎灯台【福島県いわき市】

明治32年に初点灯し、いまなお灯台の役割を続ける塩屋崎灯台。全国には登れる灯台が16あり、塩屋埼灯台はその内の一つです。

県道382号豊間四倉線沿いに駐車場が設置され、駐車場から灯台までは整備された石段と坂を上っていきます。そこそこ距離があるので、途中の景観を楽しみながらゆっくりと登っていくのがお勧め。

灯台に向かう道の途中でも十分に景観が楽しめる
写真左手に見えるのが受付所

石段と坂を登り終えると左手側に受付所があるので、参観寄付金300円を支払って灯台へ向かいましょう。

灯台へ向かう道も景色が開けて気持ちが良い
灯台の入り口

灯台の入り口には一つの張り紙がありました。灯台の展望所までは103段、階段があるとのこと。駐車場から上ってきてさらに、階段を上がるので、急がず焦らず。

中の階段は人がすれ違えるくらいの幅はありますが、それでも走ったりするとぶつかってしまう可能性もあるので、ご注意ください。

さあ、階段を上り切った後のご褒美の風景がこちら!

いわき七浜と呼ばれる浜の一つ、薄磯の海岸の風景です。灯台を訪れた日が快晴ということも相まってとても素敵でした。また、灯台からは360度、全体が見渡せるため、その他の景色も楽しめます。

展望所の風景を楽しむには一点だけ注意点があり、灯台の展望所はやや狭く、手すりもやや低めに設置されています。そのため、風が強かったりすると結構スリルを感じることも。展望所に行く時は、展望所に貼られている注意書きを読んで楽しんでください。

さて、こちらの塩屋崎灯台は灯台から景色を眺めるだけではなく、灯台資料展示室で塩屋崎灯台の歴史を知ることも出来ます。展示室の歴史を知ると、展望所からの風景もまた違って見えるので、時間に余裕がある際は立ち寄ってみるのも良いと思います。

灯台資料展示室

塩屋崎灯台
【参観時間】※最終入場閉館30分前まで
〈通年平日、10月~2月の土日祝日〉 9:00~16:00
〈4月29日~5月5日、8月10日~8月19日、3月~9月の土日祝日〉 9:00~16:30
【休業日】 強風・悪天候時
【料金】 中学生以上300円 小学生以下無料

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

マーシー マーシー TOLM編集部

”東北のアウトドアの魅力を発信したい!”とノリと勢いだけでTOLM(東北アウトドアライフスタイルマガジン)を立ち上げた張本人。
広大な東北の地でアウトドアな生活を行っている人達に出会いに行くべく、日々車を走らせている。

目次
閉じる